スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

花粉でフィーバー


今年の花粉はすごい!

スギのピークに加えてヒノキも参戦してきたもようで・・・

なんと昨日は朝から熱を出してしまいました。

高熱ではないけど体の内側がアレルギー反応を起こしてるので

だるくてだるくてたまりません。

でも風邪と違い一晩寝て朝になればケロッと下がってました。

毎年こんなことになるようなら、この時期はどこかに疎開しようかしら・・・


bocker.jpg

あなたたちには花粉症がなくていいわね・・・





熱を出す前日の日曜日のこと1日遅れの結婚記念日を祝うために

26日にOPENしたばかりのイタリアンのお店へ。

本店は三田の和食料理店“仁木屋”さん、

家から目と鼻の先にできたお店だけに期待度MAXです♪

もちろん店長とmomoちゃんもいっしょ。


niki-1.jpg

前菜の盛り合わせ

バニャカウダと思いきや味噌仕立てのソースだった・・・


niki-2.jpg

トマトのムースとサラダ

お野菜は新鮮でとってもおいしい!


niki-3.jpg

スパゲティ2種

ん?ん?ん?なんでどっちも和風なん?1.2は細すぎやろ?


niki-4.jpg

ピッツァ2種

生地がイマイチや、なんやろぉ・・・ハフハフ感がないなあ?でも野菜は美味しい。


niki-5.jpg 

帰りしなお土産に契約農家栽培の「余った」野菜をもらった。

うれしいけど「余った」は言わなくていいよ。



オリーブオイルもアンチョビもバルサミコもバジルも登場しない

とても不思議なイタリアンだった・・・




スポンサーサイト
2011-03-29(Tue)
 

思わぬ余波



被災者の方々への救援が進む中、今最も気になるのが原発事故の行方です。

圏外への避難や、屋内待避で不自由を余儀なくされている近隣住民の方々はもちろんのこと、

関東圏以北にお住まいの方にとっては気をもむ毎日が続いていることでしょう。

中には首都圏に滞在していた外国人の本国への帰国者が続出するなど、

少々過敏では?と思わせる反応も・・・



そんな中、関西で暮らすわたしの周辺にも思わぬ形で影響が

先週の土曜日にレッスンに出かけたときのことです。

スペイン人講師のエストレージャの様子がいつもと違っていました。

声がかれて喉も痛そうで、いつもの元気がありません。

風邪でもひいたのかな?と心配しながら3時間のレッスンが終わりました。

後でN先生が語ってくれたところによると、

朝4時までスペインのご両親と電話をしていたのだそうです。

原発事故を心配するご両親が「とにかく帰ってこい!」と食い下がるのを

必死で説得していたために喉がかれてしまったのだとか。

ヨーロッパの人々がチェルノブイリの原発事故で被害を受けた経験からも

原発事故に対して過敏になるのは仕方ありません。

ましてや24歳のかわいい娘の親ならば推して知るべしです。

他のスペイン人講師を抱える教室でも同様のことが起きているそうです。

もしかしたらエストレージャ帰っちゃうかも・・・

みんなそんな風に少し諦めの気持ちを持っていました。

ところが中1日経った月曜日スタジオに現れたエストレージャは、

土曜日とはうってかわって、いつも通りの陽気で元気なラテン娘に復活。

どうやら元気がなかったのは寝不足が原因だったらしい(^_^;)


昼ね中 


遠く離れたスペインで心配しているごエストレージャのご両親のためにも、

どうか1日も早く収束に向かいますように。




2011-03-23(Wed)
 

忘れないで



地震から今日で5日

被災地では今も各国の応援救助隊と自衛隊を含む災害救助隊の方々が

生還される方のいることを信じて救助の手を止めることなく活動されています

そして被災地で避難生活をされている被災者の方々

また救助活動や支援活動をされている方々共に

多くの方の疲労がピークに達しておられることと思います

どうか充分な食料と少しでも休息を取れる安全で暖かな場所が

確保されますようにと願わずにはいられません



日本中が被災地の方々を応援し自分たちにも何かできないかと

居ても立ってもいられない気持ちで見守っています

どうかその気持ちを持ち続けて応援してあげて下さい

復旧から復興と被災地の方々が自分たちの力で起きあがっていく様を

どうか見守り続けてあげて下さい

物もお金も大切です

でも被災した人々にとって一番嬉しく力になるのは

日本中の方が見守り続けてくれているというそのことなのです



そしてもしできることならば

復興が進み始めたその時にはその地を訪れてあげて下さい

自分たちの足で歩き始めた人々の様子を見に

また少しでも経済活動の足しになるよう

その地へ足を運んであげて下さい



夕景 


どうか被災された皆様が1日も早く

2:46に背を向けて歩き始めることができますように・・・



2011-03-16(Wed)
 

宴の後・・・

今年の発表会は忙しかったぁ?


全体のヌメロ(曲)数が多かったのと、

わたしの着替えの回数がいつもより多かったのが原因・・・

ずっと舞台と楽屋を往復してたような気がする

え?踊りの出来?終わったらそんなの気にしな?い ウウウ・・・


発表会

アレグリ

超過密な隣の部屋に比較して、わたしの楽屋はなぜかアレグリチームの8人だけ。

荷物広げ放題の広々とした部屋だったわ?


楽屋見舞

今回の発表会はいろんなことがありました。

発表会を限りにわたしが入会以来ずっとお世話になっていた

舞踊団のY先生とC先生がスタジオを去られることになって、

リハーサルから本番までみんな涙涙の中で踊っていました。

その影響と3月スタートの新シーズンからシステムが

ガラッと変わることも手伝って生徒さんも大勢退会していったため、

発表会後のスタジオはとても静かです。





そんな静かなスタジオで発表会の翌日からはクルシージョが・・・

講師は発表会のゲストととして先生がスペインから招いた

バイラオールのミゲル・アンヘルさん

発表会の翌日からなので当初受ける気全く無しだったわたしでしたが

福岡から発表会を見に来たIさんに「帰る前に受けていきたいから

いっしょに受けようよ?」と誘われ「じゃ1日だけね」と受けてみたのです。


Miguel?

いざ受けてみると受講者が少なくて、

Iさんが帰った後は舞踊団のS先生とわたしのたった2人・・・

とても抜けることができず結局水曜日以外の6日間を受け通しました。

ところが・・・このミゲル先生実はものすごいプロフィールの方でした。

スペインでも三本指に入るような超有名なクラシコの踊り手で、

とてもわたしなんかがレッスンを受けられるようなお方ではなかったのです。

知ってたらどんなに頼まれても絶対受けなかったもんね、

まさに怖い物知らず・・・


あ、でもミゲル先生は気さくで優しくてとても素敵な先生でしたよ

レッスン中つい踊りに見とれてしまうので振りを取るのが大変だったけど





そして新シーズンが始まった先週の土曜日には、

レッスン後に発表会の打ち上げと新しい先生エストレージャさんの

歓迎会をかねた飲み会がありました。


打ち上げ&歓迎会 

左からエストレージャ先生、スタジオのボスN先生、舞踊団のS先生

イベントの多い3月ということで出席者9名と少なかったけど、

飲んで食べてしゃべって、お茶目なエストレージャ先生が

主賓自ら場を盛り上げてくれるという楽しい会となりました

ちなみにエストレージャ先生はミゲル先生の姪っ子さんです



今回大きな変化のときを迎えたスタジオですが

それぞれが手探りしながら肯定的に新しいスタイルを創り上げていく

そんな空気が少しずつ芽生えているような気がします。

“楽しむ”の原点に戻って色んなことにチャレンジしなきゃ。


さあ今年も踊るぞぉ?っ
2011-03-08(Tue)
 
プロフィール

パセリのかぁちゃん

Author:パセリのかぁちゃん
動物とフラメンコが大好きな
凸凹姉妹のかぁちゃん

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。